【コード別】スケール早見表

スケール早見表

皆さんこんにちは!

ちゃんみおです。

 

今日の記事は、

コードごとのスケールをババーっとまとめてみました!

 

ここまでの「難しくないコード理論」シリーズ

あらかたコードは紹介したので、

ここでスケール一覧を作ってみることにしました。

 

 

 

コードの根本的な解説はこちら

難しい言葉は使わない!まずは基本のコード理論

 

よく使われるコードについてはこちら

難しい言葉は使わない!コードの仕組み

 

複雑だけど便利なコードについてはこちら

難しい言葉は使わない!知っていると便利なコード

 

 

スケール

 

今更ですが、スケールとは。

 

簡単に言うと音階のことで、

私はコードを弾くときに一旦音階にしてから組み立てるようにしています。

 

このスケールにも

メジャースケールとかマイナースケールがあって、

上昇するとき♭⑦で下降するときは♭⑧も加えるとか

それぞれまた訳の分からない名前がついているのです。

 

本格的に勉強してみたいのであれば別ですが、

コードが分かればいいという私のような考えの方でしたら

メジャーとマイナーのスケールだけで十分です!

 

それでは全12種類のスケール、

メジャーとマイナーに分けて記しておきます。

 




 

メジャースケール一覧

 

まず、メジャースケールです。

 

メジャーコードの基本の形ということで、

一番シンプルなものを並べていきます。

 

メジャースケール1

メジャースケール2

メジャースケール3

 

枠で囲ってある音が、① ③ ⑤です。

 

コード組み立ての途中で音が分からなくなってしまったら

ぜひ見に来てください(笑)

 

 

マイナースケール一覧

 

次に、マイナースケールを並べていきます。

 

くどいようですが、

マイナーにするにはメジャーの③を半音下げるだけです!

 

こんな感じ

 

マイナースケール1

マイナースケール2

マイナースケール3

 

 

おまけ セブンス一覧

 

セブンスはややこしいのです。

 

・メジャーセブンス

・セブンス

・マイナーセブンス

 

この三種類のセブンスのスケールも作ってみたので

参考までに・・・

 

 

 メジャーセブンス

 

メジャーセブンスは

純粋に① ③ ⑤ + ⑦という構成になっています。

 

CM7やCmaj7と表示されることがあります。

 

メジャー7スケール1

メジャー7スケール2

メジャー7スケール3

 

 

セブンス

 

ただのセブンスです。

 

構成は① ③ ⑤ + ♭⑦で、

コード名のアルファベットの隣に7を書きます。

 

7スケール1

7スケール2

7スケール3

 

 

マイナーセブンス

 

コードの構成がマイナーになります。

 

⑦の音もマイナーになります。

 

① ♭③ ⑤ + ♭⑦で、

Cm7やC▲7と書かれることがあります。

 

マイナー7スケール1

マイナー7スケール2

マイナー7スケール3

 

 

他にもCsus4とかCadd9とか

コードはまだまだたくさんありますが、

 

基本的にメジャースケールとマイナースケールに当てはめれば

構成音は導き出せるので他のコードでも応用してみてください!

 

勉強しないEASY理論

 

まとめ

 

今日は

基本のスケールとややこしいスケールを画像で紹介しました。

 

ディミニッシュとかオーギュメントは素直に当てはめることはできませんが、

理屈を知っていればすぐにできます!

 

あとはU-FRETというサイトで構成音を調べることもできるので

ぜひ活用してみてください!

 

dimとかaugとかU-FRETについてはこちら

難しい言葉は使わない!知っていると便利なコード

 

 

それではまた٩( ‘ω’ )و

 

ちゃんみお

 

もっと知りたい?

なるべく楽して音楽理論を習得する秘密

音楽理論や専門用語でつまずいていませんか?

勉強するのは億劫だし、

独学なんて絶対ムリ!

そんなあなたにぜひ知ってほしい、

勉強しないEASY理論

あなたの制作にも活用しませんか?

今ならGarageBandがもっと楽しくなる無料PDFも配付中!

詳しくは以下メールアドレスを入力!





コメント

コメントを残す

*