iOS版GarageBandボーカルプリセットの活用術

皆さんこんにちは!

ちゃんみおです。

 

この記事では、

ボーカルトラックのプリセットについて解説していきます!

 

カラオケ音源を作って録音したけど、なんか雰囲気が違う・・・

 

こんな壁にぶつかってはいないでしょうか。

 

今日は、

そんなお悩みを解決できるかもしれないプリセットをご紹介します!

 

ボーカルのプリセットはミックスの一環だと考えていて、

コーラスのように重ねたり

オクターブずらしてハモったり

いろんな音を作ることができます。

 

ボーカルが曲の雰囲気に合わないのは

おそらくLead Vocalsというトラックのせいで、

このトラックを変更することによって雰囲気を統一させられるかもしれない

・・・ということです!

 

Lead Vocalsはボーカルの編集ができる一番シンプルなトラックなので

バラードやポップスには合いますが,

ロックなど雰囲気にこだわりのある曲だとやや浮いて聞こえてしまいます。

 

それではプリセットの紹介と、

一部使い方を解説していきますので参考にしてみてください!

 

 

 

Lead Vocalsの編集についての記事はこちら

AUDIO RECORDERでボーカルを録音する方法

 

もっと知りたい?

なるべく楽して音楽理論を習得する秘密

音楽理論や専門用語でつまずいていませんか?

勉強するのは億劫だし、

独学なんて絶対ムリ!

そんなあなたにぜひ知ってほしい、

勉強しないEASY理論

あなたの制作にも活用しませんか?

今ならGarageBandがもっと楽しくなる無料PDFも配付中!

詳しくは以下メールアドレスを入力!



 

プリセット

 

プリセット

 

録音画面で、

左上の▼Lead Vocals(プリセット名)

ここに内蔵されています。

 

・音質を変える

・人数を増やす

・遊んでみる

 

これらの目的別に説明していきます!

 

 

音質を変える

 

Lead Vocalsが素の音だとして、

音質というか声質を変えることができるプリセットをご紹介します!

 

プリセット

 

挙げるとキリがないので

Vocalsのカテゴリーから引っ張ってみます。

 

・Radio Ready

・Punchy Presence

・Pop Overdrive

・Heavy Distortion

・Narrator

 

それぞれの特徴についてまとめてみます。

 

 

Radio Ready

 

Radio Ready1

 

名前から察するとラジオ番組などのオープニング用でしょうか。

 

音質はLead Vocalsと大きく変化しません。

 

やや機械的な音になる印象です。

 

Radio Ready2

 

そしてこちらがRadio Readyのツマミ達なのですが、

Vocal Hallの代わりにAmbienceが入りました。

 

Ambienceは雰囲気という意味で、

ここを上げるとさらにラジオのオープニングっぽくなります。

 

Lead Vocalsのサンプル

 

Radio Readyのサンプル

(Ambience全開)

 

 

Puchy Presence

 

Punchy Presence1

 

こちらは直訳すると力強い存在

 

確かにボーカルが前に出されている印象です。

 

Punchy Presence2

 

そしてツマミのAmbienceを上げると

別の空間からの音声に聞こえます。

 

Lead Vocalsのサンプル

 

Punchy Presenceのサンプル

(Ambience全開)

 

 

Pop Overdrive

 

Pop Overdrive1

 

オーバードライブなので、

音を歪ませるトラックが想像できるかと思います。

 

Pop Overdrive2

 

ツマミもいろいろ出てきました。

 

Driveを上げると歪みが大きくなります。

 

Delayはリバーブのようなもので、

上げるとエコーのような残響が表現できます。

 

そしてAmbienceは少しキラキラするような印象です。

 

歪んでるのにキラキラしててよくわからない状態です(笑)

 

Lead Vocalsのサンプル

 

Pop Overdriveのサンプル

(Ambience全開)

 

 

Heavy Distortion

 

Heavy Distortion

 

先ほど紹介したPop Overdriveよりもさらに歪ませる印象です。

 

Pop Overdriveは音量が大きいところで歪んでいましたが

こちらは際限なく歪んでいます(笑)

 

まるで拡声器で歌っているようです。

 

Lead Vocalsのサンプル

 

Heavy Distortionのサンプル

 

 

Narrator

 

Narrator1

 

こちらのトラックはLead Vocalsにとても近いです。

 

Narrator2

 

Presenceを上げるとボーカルが前に出てきます。

 

Resonanceは下げるとあっさり、上げるとこってりという感じです。

 

Lead Vocalsのサンプル

 

Narratorのサンプル

(Resonanceこってり)

 

 

人数を増やす

 

では次に人数を増やすタイプ、

つまりコーラス系のプリセットをご紹介します!

 

楽曲のボーカルは声は一人だけど

いくつかの音声が重なっているように聞こえることがありますね。

 

・Sweet Chorus

・Extreme Stereo

・Extra Singer

 

これらのプリセットを使って、

それを表現してみたいと思います!

 

 

Sweet Chorus

 

Sweet Chorus1

 

このプリセットを選択すれば、

何人かで歌っているようなボーカルを作ることができます。

 

しかし、Sweetなのでとても優しいのです。

 

つまり音量があまり上がりません。

 

それにやっぱりコーラスですので、

メインにするには少し弱い印象です。

 

そこで、

このプリセットはハモりのパートなどにオススメします!

 

ちなみにハモり(コーラス)は

パン・バンド

このように左右に均等に振り分けるといいそうです。

 

これについての詳しい記事はこちら

GarageBandでミックス! 〜楽器の配置編〜

 

Lead Vocalsのサンプル

(ハモりもLead Vocals)

 

Sweet Chorusのサンプル

(ハモりがSweet Chorus)

 

メインボーカルがLead+Sweetのサンプル

(ハモリはLead Vocals)

 

Lead+Sweetは、

Lead Vocalsを複製してプリセットをSweet Chorusに変更したものです!

 

Sweet Chorus2

 

下二つのトラックですね。

 

このように合わせ技も盛り込むことができます!

 

 

Extreme Stereo

 

Extreme Stereo1

 

これはそこまで増えた気がしないプリセットです。

 

Extreme Stereo2

 

真ん中のThickenというツマミを上げると

なんとなく増えた気がします(笑)

 

Lead Vocalsのサンプル

 

Extreme Stereoのサンプル

(Thicken全開)

 

 

Extra Singer

 

Extra Singer1

 

これは素晴らしいプリセットで、

録音した音声と、それを移調させた音声を合わせることができます!

 

分かりにくいと思うので先にサンプルを。

 

Extra Singerのサンプル

(ピッチは1オクターブ下げ)

 

これはいいですね!

 

デフォルトでは、

メインボーカルのちょうどオクターブ下を歌ってくれます。

 

どこを歌わせるかを決められるのが

Pitchというツマミです。

 

Extra SInger2

 

これを上げると歌う場所も上がります。

 

このツマミだと、

範囲は原音からそれぞれオクターブ上と下だけなのですが・・・

トラックコントロールを開いてみます。

 

Extra Singer3

 

さらに

プラグインとEQVOCAL TRANSFORMER

 

Extra Singer4

 

さらにもう1オクターブ、

範囲を広げて選択することができます。

 

とってもテンションが上がるので

ぜひ取り入れてみてください!

 

 

遊んでみる

 

最後に遊べるプリセットをご紹介します!(笑)

 

これまで解説したプリセットはVocalsというカテゴリーでしたが、

ここからカテゴリーが変わります。

 

FUN

 

ご覧くださいこのカラフル具合!

 

見るからに楽しそうですよね!

 

・電話越し

・移調系

・悦に入る

・もはやボーカルではない

 

似たようなトラックもあるので、

また目的別(?)に紹介していきたいと思います。

 

 

電話越し

 

電話たち

 

電話越しに歌っているようなボーカルを作ることができます。

 

部分的に電話っぽい歌がありますよね。

 

これを表現できるのが

 

・Telephone

・Bullhorn

 

Telephoneはまさに電話で、

Bullhornは拡声器を使っているように聞こえます。

 

 

移調系

 

移調系

 

これは少し前に解説したExtra Singerのようなもので、

数字を指定して原音から移調させることができます。

 

・Monster

・Chipmunk

 

Monsterは原音より低い音への移調が好ましいです。

 

Chipmunkは逆に原音より高い音ですね。

 

Extra Singerとの違いは、

Extraの方は一つのプリセットで原音と移調した音を表現できますが

この二つのプリセットは原音は消えてしまいます。

 

オクターブなどをやりたい場合は、

別で原音のトラックを用意しなくてはなりません。

 

しかし、Extraは一つのトラックにまとまっているので

エフェクトをいじると原音も移調した音にも適応されます。

 

そこで、原音はそのままで

移調した音だけをいじりたい場合などにこのプリセットが使えます。

 

 

悦に入る

 

悦に入る

 

自分の歌が綺麗に聞こえてしまうプリセットです!

 

・Dreamy

・Extreme Tuning

 

Dreamyは割と穏やかで、

Extreme Tuningはピッチ補正が激しいので機械音っぽくなります。

 

どちらもキラキラするので

悦に浸ってみてください(笑)

 

 

もはやボーカルではない

 

ロボット

 

・Robot

・Sci-fi

 

以上、ボーカルとは呼べないメンバーの紹介でした!

 

言葉も聞き取れないし音程もないようなものなので

使いどころがわかりませんが、

どこかで思い出したら使ってみてください。

 

勉強しないEASY理論

 

まとめ

 

たくさんのプリセットをご紹介しました!

 

どうしても曲の雰囲気に合わない時、

いろんなプリセットを使ってみてください。

 

また本文では触れませんでしたが、

DrumsやKeyboardsなどのカテゴリーもあります。

 

これもボーカルでも使うことができますが、

AUDIO RECORDERで録音できる音源にも使えます!

 

原音のLead Vocalsと合わせるという使い方もあるので

ぜひ活用してください。

 

 

それではまた٩( ‘ω’ )و

 

ちゃんみお

 

もっと知りたい?

なるべく楽して音楽理論を習得する秘密

音楽理論や専門用語でつまずいていませんか?

勉強するのは億劫だし、

独学なんて絶対ムリ!

そんなあなたにぜひ知ってほしい、

勉強しないEASY理論

あなたの制作にも活用しませんか?

今ならGarageBandがもっと楽しくなる無料PDFも配付中!

詳しくは以下メールアドレスを入力!


コメント

コメントを残す

*