細かい作業が苦手な人に使ってほしい!クオンタイズ機能

細かい作業が苦手な人に使って欲しいクオンタイズ機能

皆さんこんにちは!

ちゃんみおです。

 

今日は、

楽曲制作の過程であると便利な機能についてご紹介していきます!

 

 

 

このクオンタイズ機能が使いこなせるようになると、

打ち込みの作業がとても楽になります。

 

ぜひやり方をマスターしてください!

 

もっと知りたい?

なるべく楽して音楽理論を習得する秘密

音楽理論や専門用語でつまずいていませんか?

勉強するのは億劫だし、

独学なんて絶対ムリ!

そんなあなたにぜひ知ってほしい、

勉強しないEASY理論

あなたの制作にも活用しませんか?

今ならGarageBandがもっと楽しくなる無料PDFも配付中!

詳しくは以下メールアドレスを入力!


 

クオンタイズ機能

 

それではまず、クオンタイズという単語について説明します。

 

クオンタイズとは、録音した音のタイミングのズレを修正する機能です。

 

これはGarageBandでいうと、

主に音源を打ち込みで録音したものに対して効果が発揮されます。

 

例えば曲のメロディーラインなどを直接打ち込んで録音した場合、

メトロノームをつけていても必ずズレは生じます。

 

そのズレを手動で一つずつ調節するか、

クオンタイズ機能を設定してこのズレを自動修正させるか、

ということです。

 

もちろん自動演奏の録音に対してクオンタイズをかけることもできます!

 

では早速、クオンタイズ機能をいじってみたいと思います。

 

試しにピアノの音源で録音してみましょう。

 

グランドピアノ

 

画面上部のメトロノームアイコンをタップでオンにします。

 

そしたら、🔴の録音ボタンをタップして

メトロノームの拍に合わせて何か演奏してみてください。

 

録音が完了したら、再生ボタンでメトロノームをつけながら聞いてみてください。

 

どうでしたか?

 

自分が思っているよりも、だいぶズレて聞こえたと思います。

 

これを、クオンタイズ機能で修正してみましょう!

 

 

クオンタイズ機能1

 

ではリージョンの画面に戻って設定します。

(リージョンの画面に戻るには、画面左上のレンガのようなアイコンをタップしてください!)

 

クオンタイズ機能2

 

次に画面左上、左から4番目のボリュームのアイコンをタップします。

 

メニューが表示されたら、

トラック設定クオンタイズの順に選択してください。

 

クオンタイズ機能3

 

こんな画面になりますね。

 

・なし

・ストレート

・3連符

・スウィング

 

では、これらの項目について説明していきます。

 




 

なし

 

クオンタイズ機能3

 

文字通り、クオンタイズをかけないということですね(笑)

 

前々から解説している自動演奏機能で録音した場合は

なしでも特に不具合はありません。

 

音源のパターンによってはズレて聴こえるものもあるので、

その場合にはクオンタイズをかけることもあります。

 

 

ストレート

 

ストレート1

 

ストレートを選択すると、いろんなパターンが表示されます。

 

数字はどれくらいのくくりでクオンタイズをかけるかということを表していて、

スラッシュ右側の数字が大きくなるほど細かいくくりでかけることができます。

 

分かりやすく解説しますね!

ストレート2

例えば、こんな風に録音したとします。

 

黒線は小節の境目を表しています。

 

 

ではまず、1/4です。

これは、

1小節を4等分したくくりでクオンタイズをかけますよ、という意味です。

ストレート3

くくりはこんな感じで、クオンタイズをかけると…

ストレート4

このように整列します!

 

 

ではもう一つの例も見てみましょう。

 

1/8は、一小節を8等分したくくりでクオンタイズをかけるということになります。

ストレート5

1/4のときよりもくくりが細かくなっています。

これにクオンタイズをかけると…

ストレート6

こんな感じになります!

 

詳しい仕組みは私もよく把握していませんが、

それぞれの音が一番近いラインにズレを修正するのだと思います。

 

だから、数字が大きくなるほど細かい修正ができるのです。

 

 

じゃあ一番細かいくくりで設定すればいいじゃん

 

・・・と思いましたね?(笑)

 

 

はいでは1/64にチェックを入れて、

録音した音源を再生してみてください。

 

 

いかがでしょうか?

 

細かすぎてむしろ修正できてない状態になりませんでしたか?

 

こういうこともあるので、

私はだいたい1/16か1/32で設定しています。

 

曲やフレーズによっても違うので

それぞれにあったクオンタイズをかけてみてください!

 

 

3連符

 

3連符

 

この説明はちょっと難しいのです。

 

使う場面としては、3連符が多く出てくる曲です。

 

例としてこちらの曲をお聞きください。

 

 

タタ タタ タタ タタ

というリズムを刻んでいるのが分かりましたか?

 

このような曲を制作するときは、

3連符クオンタイズが役立ちます。

 

 

スウィング

 

スウィング

 

こちらのクオンタイズは、3連符と混同しがちです。

 

3連符のリズムが

タタ タタ タタ タタに対して、

 

スウィングのリズムは

タンカ タンカ タンカ タンカという刻み方になります。

 

分かりやすい曲がこちら

 

 

有名なジャズ曲、「Sing Sing Sing」です。

 

リズムの刻み方を説明されても、よく分からないと思います。

 

私もよく分かっていません(笑)

 

パッションで判断してます!

 

 

そしてスィングの欄のライトヘビーですが、

どのくらいスウィングするかを表しています。

 

例えば先ほど紹介したSing Sing Singは間違いなくヘビーです。

 

ジャズ曲の制作をされるときは、ヘビーを選択するのがいいと思います。

 

そしてライトですが、

これはちょっとジャズっぽい曲の制作に取り入れるといいと思います。

 

例えばこちら

 

 

ハイすみません

おこがましくも私のオリジナル曲をのっけてしまいました!

 

でも、若干タンカタンカしてるのが分かりましたか?

 

 

クオンタイズがかけられない音源

 

ここまでクオンタイズについていろいろ説明してきましたが、

中にはクオンタイズをかけることができない音源もあります。

 

まずDRUMMERです。

 

DRUMMER

 

自動演奏をしてくれる打楽器奏者ですね。

 

彼らはクオンタイズがかけられないというより、

もともとかかっているので設定するところがないというだけです。

 

スウィングの有無は選べますので、こちらは活用してみてください!

 

DRUMMERについての詳しい記事はこちら

求めていた演奏に出会える!GarageBandのドラム

 

 

次に、録音した音源です。

 

AUDIO RECORDER

 

この画面で制作した音源ですね。

 

外部からの音を録音したものなので、

クオンタイズをかけることはできません。

 

勉強しないEASY理論

 

まとめ

 

クオンタイズとは、録音した音のタイミングのズレを修正する機能です。

 

そしてiOS版GarageBandでは、

制作する曲にあったクオンタイズを自在に選ぶことができます。

 

ストレート

3連符

スウィング

 

それぞれの特徴について、軽く説明しました。

 

そしてクオンタイズがかけられない音源は、

実際に打ち込みをしない音源ですね。

 

 

と、こんな感じで解説してきましたがどうでしょうか?

 

上手く使えば作業効率も上がりますので、ぜひ取り入れてみてください!

 

 

それではまた٩( ‘ω’ )و

 

ちゃんみお

 

もっと知りたい?

なるべく楽して音楽理論を習得する秘密

音楽理論や専門用語でつまずいていませんか?

勉強するのは億劫だし、

独学なんて絶対ムリ!

そんなあなたにぜひ知ってほしい、

勉強しないEASY理論

あなたの制作にも活用しませんか?

今ならGarageBandがもっと楽しくなる無料PDFも配付中!

詳しくは以下メールアドレスを入力!





コメント

コメントを残す

*