iOS版GarageBandでギターのグリッサンドに挑戦

ギターのグリッサンドに挑戦

皆さんこんにちは!

ちゃんみおです。

 

以前の記事でストリングス(ヴァイオリンなど)のグリッサンドは可能だけど

ギターはせいぜいビブラートまでしかできないという話をしました。

 

しかし先日、少し思い当たることがあって

なんとかギターのグリッサンドができるかもしれないという予想を立てたので

その実験の様子と結果を書いておこうと思います!

 

 

 

ちなみに以前書いた記事はこちら

GarageBandでギターを打ち込む方法

 

そしてモノホンのギターについては、

こちらの記事がとっても参考になりますよ!

エレキギターは難しいのですか?という質問に完全回答する。

 

もっと知りたい?

なるべく楽して音楽理論を習得する秘密

音楽理論や専門用語でつまずいていませんか?

勉強するのは億劫だし、

独学なんて絶対ムリ!

そんなあなたにぜひ知ってほしい、

勉強しないEASY理論

あなたの制作にも活用しませんか?

今ならGarageBandがもっと楽しくなる無料PDFも配付中!

詳しくは<以下メールアドレスを入力!


 

実験の内容

 

ガレバンでギターのグリッサンドは不可能だと思っていました。

 

GUITARトラックでいろんな方法を試したけど玉砕したからです。

 

しかし、私が今まで編み出した裏技は

リージョンから波形に変換するタイプが多いため、

これを上手く使えばギターのグリッサンドが可能になるのでは・・・

 

という思いつきから、この実験をすることになりました。

 

 

使うもの

 

今回私が目をつけたのは、

AUDIO RECORDERという録音トラックのプリセットです。

 

AUDIO RECORDER

 

これを開いてプリセットを見てみると・・・

(録音画面の右上▼ボタン)

 

録音 アコースティック

 

このように、楽器ごとにカテゴリーがあります。

 

ということは

他の楽器でグリッサンドをさせて

プリセットを変更すればギターのグリッサンドに聞こえるのでは?

 

という安直な考えが浮かんだ次第です。

 




 

手順

 

まず、グリッサンドが可能な音源を適当に録音してみます。

 

手始めに同じ弦楽器のSTRINGSで録音してみることにします。

 

STRINGS

 

ここでNotesを選択。

 

ストリングスフレッド

 

この画面で弦をスライドさせ、グリッサンドを録音しました。

 

 

とてもなめらかですね。

 

では早速、

打ち込んだ音の状態から波形に変換させてみます。

 

手順1

 

トラックのメニューで結合を選択。

 

手順2

 

これで録音されたトラックとして扱うことができます。

 

では録音のトラック画面から、

お目当てのプリセットに変更してみましょう・・・。

 

 

結果

 

なんとなく想像がついたかと思いますが

結論を申し上げますと、失敗です(笑)

 

まあそうですよね。

 

楽器の音色がまるっと変わってしまう機能はこのアプリには必要ないものでした。

 

ちなみにこのプリセットはいろんなカテゴリーで試してみましたが、

楽しかったのはVocals以降のものだけでした。

 

プリセット

 

こちらのプリセットのついても色々書いてみましたので、

興味のある方はこちらもどうぞ

iOS版GarageBandボーカルプリセットの活用術

 

ということで、

なんでも波形に変換すればいいわけではないというお話でした!

 

 

最終的に

 

予定していた実験は失敗に終わりましたが、

それと同時にもう1つの可能性をまた思いつきました(笑)

 

なんでこの方法が最初に出てこなかったんだろうってくらい

確実で簡単な方法です。

 

KEYBOARD

 

次はKEYBOARDのトラックから入ります。

 

その他のサウンド>Other>Acoustic Guitar

 

最終的に1

 

こんな画面になります。

 

GUITARから選択すると弦、

KEYBOARDから選択すると鍵盤での操作になるわけですね。

 

ここで、画面中央のボタンに注目してください。

 

・GLISSANDO

・SCROLL

・PITCH

 

この3つの機能に切り替えられます。

 

GLISSANDOは私の目的地ですが、

ここでは鍵盤のグリッサンドですので音はそれぞれ独立しています。

 

SCROLLは鍵盤の範囲を変更できる機能で、

タップしながらスライドさせて使います。

 

最後にPITCHですが、

鍵盤をタップしながらスライドさせるとその間の音程をなめらかに移動させることができます。

 

これですね!

 

私がギターに求めていたグリッサンドは、

このなめらかなギュイーンです!!

 

 

ご丁寧にビブラートも入っています。

 

最終的に3

 

ギターの音色はこの他にも内蔵されていて、

なんとベースも可能のようです。

 

最終的な結論としては、

ギターのグリッサンドは可能ということになりました・・・

 

 

勉強しないEASY理論

 

まとめ

 

ギターのグリッサンドができないなんてことはない!

という考えから、今回の実験の一部始終をご紹介しました。

 

まず、

 

 

波形変換は万能ではないということ

 

そして、

 

 

KEYBOARDトラックは万能であります!!

 

KEYBOARDの有能さについてはここ最近よく実感していましたが、

ギターのグリッサンドは私としてははかなり大きい収穫です。

 

これからの制作にも是非取り入れていこうと思います!

 

 

それではまた٩( ‘ω’ )و

 

ちゃんみお

 

もっと知りたい?

なるべく楽して音楽理論を習得する秘密

音楽理論や専門用語でつまずいていませんか?

勉強するのは億劫だし、

独学なんて絶対ムリ!

そんなあなたにぜひ知ってほしい、

勉強しないEASY理論

あなたの制作にも活用しませんか?

今ならGarageBandがもっと楽しくなる無料PDFも配付中!

詳しくは以下メールアドレスを入力!





コメント

コメントを残す

*